前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分D

スポンサーサイト

前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分D

レセプターとは受容体の事ですが、ジヒドロテストステロンにも、このホルモンの受け皿が必要になります。ですので、この受け皿の出現を弱める事が出来れば、ホルモン自体の存在も弱くなります。
アグリコン型イソフラボンは、このレセプターを弱める為、結果、ジヒドロテストステロンの働きを弱める事に繋がります。

 

【イソフラボンは2種類に分けられる】
大豆胚芽に含まれているイソフラボンですが、このイソフラボンは、2種類に分ける事ができます。
それが、グリコシド型とアグリコン型です。

 

グリシド型というのは、低吸収型と言われており、逆にアグリコン型は、高吸収型と言われています。

 

納豆や豆腐、豆乳といった大豆食品というのは、ほとんどがグリシド型に分類されます。

 

こうしたグリシド型と呼ばれるイソフラボンは、イソフラボンの周囲に糖が付いている状態です。ですので、腸内細菌によって糖を分解しないと、体内には吸収されません。

 

ですが、この腸内細菌の働きというのは個人差があります。よって、イソフラボンを吸収しやすい人と、吸収しにくい人とに分けられてしまいます。
ですので、低吸収型と呼ばれているのです。

 

このグリシド型の場合、吸収率を見ると摂取量の約2割ほどです。更に、吸収までに必要とする時間は、6〜8時間と言われています。

 

その一方、アグリコン型というのは、イソフラボンの周囲にある糖が既に取れている状態です。ですので、個人差のある腸内細菌の働きと関係なく、胃や小腸において、迅速にしかも効率よく吸収されるのです。

 

そして吸収率は、グリシド型と比較すると3倍以上。しかも、摂取して約2時間ほどで、吸収の絶頂を迎えるという素晴らしいイソフラボンと言えます。

 

●まとめ●
このような理由により、前立腺肥大症に有効とされるサプリの成分としては、ノコギリヤシとアグリコン型イソフラボンがあります。
是非、飲用する際には参考にしてみて下さい。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

前立腺肥大症について?【働き・肥大の大きさ】
まずは、前立腺について理解をしていきましょう。前立腺は、女性にはない、男性特有の生殖器の1つとなります。前立腺液と呼ばれている精液の一部を作っている大事な器官で、精子に栄養を与えたり、精子自体を守るという役割を担っています。
前立腺肥大症についてA【なりやすいタイプ】
冒頭でも説明しましたが、前立腺肥大症が発症する危険因子には加齢があります。年を重ねるほどに発症のリスクが高まるという事です。 特に50歳を過ぎると、そのリスクがどんどんと上がっていきます。30歳代から始まっていくのですが、50歳になると30%、そして60歳では60%、70歳にもなると80%へとリスクが上がり、80歳では90%へと上がっていきます。
前立腺肥大症についてB【原因と症状】
危険因子として幾つか上げられる要因はあっても、原因として直接的にコレと呼ばれる物は、まだ解明されていない病気の一つであるのが、この前立腺肥大症です。 しかしながら、”男性ホルモンの働き”が影響している事は間違いないとされています。
前立腺肥大症についてC【原因と症状】
頻尿という症状は様々な病気や状態によっても引き起こされます。 例として挙げるならば、脳卒中やパーキンソン病等の中枢神経疾患の場合には、過活動膀胱を引き起こすために、頻尿となります。
前立腺肥大症についてD【原因と症状】
よく、水分を多く摂取する事によって、ドロドロの血液がサラサラの状態へと改善されるという事を信じていらっしゃる方がいるのですが、この説については、今の所科学的な根拠というのはありません。
前立腺肥大症についてE【進行と合併症】
原因や症状を解説していきましたが、必ずしも前立腺肥大になったとしても、全ての人が治療を必要とする訳ではありません。 治療とする程度は、発症している症状の重さや、生活の支障となる度合いによって区別されます。
前立腺肥大症についてF【進行と合併症】
この状態になる可能性がある方は、前立腺の肥大が大きい人ほど起こりやすいと言われています。 他にも、お酒や風邪薬の服用といった物が、尿閉を引き起こしてしまう要因としては、頻度が高い物といえます。
前立腺肥大症についてG【治療法】
この中の、手術治療というのは、先に述べた合併症を併発した場合の、有効治療法となりますが、合併症を併発していなければ、薬物治療にて治療をしていく事が主たる方法となります。薬物治療で効果がなかった場合には、手術という方法へと転換していく事となります。
前立腺肥大症についてH【治療法】
1つは、前立腺の平滑筋を緩めて、圧迫している尿道を解除していく薬剤です。これにより、尿の通りをよくしていく方法となります。 そしてもう1つが、前立腺そのものを小さくしていく薬剤です。肥大している前立腺を小さくする事によって、圧迫されていた尿道を改善していくという方法です。
前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分@
前立腺肥大症を発症した場合には、別記事の前立腺肥大症についての記事にて解説しましたが、3つの治療法があります。 それが、薬物治療に手術治療、そして保存治療です。
前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分A
ジヒドロテストステロンとは、活性型男性ホルモンと言われているホルモンです。 男性ホルモンの1つに、テストステロンというのがあるのですが、このホルモンが酵素により、活性化されたホルモンになります。
前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分B
【ノコギリヤシ、セレン、リコピンを使った前立腺の健康維持】 イタリアのあるグループが、前立腺肥大症に対して、3つの機能成分を併用してアプローチをしたという研究です。 この3つの機能成分というのが、ノコギリヤシ、セレン、リコピンです。
前立腺肥大症に効果が期待できるサプリ成分C
リコピンは、トマトに含まれてる赤色の色素の事を言います。 このリコピンには、抗酸化作用の働きの他、抗がん作用の有効性も認められており、疫学研究の中でも、前立腺がん以外の様々ながんに対して、リスクの低減効果があると言われています。
前立腺肥大症の症状におススメなサプリ【凄いノコギリヤシ】
こちらは、ノコギリヤシの含有量がトップクラスと言われているサプリで、今話題になっています。あしたコーポレーション株式会社から販売されています。
前立腺肥大症の症状におススメなサプリ【ノコギリヤシ+セサミンE@】
こちらでは、前立腺肥大症を発症し、頻尿で悩んでいる方におすすめしたい、ノコギリヤシを配合しているサプリメントをご紹介します。
前立腺肥大症の症状におススメなサプリ【ノコギリヤシ+セサミンEA】
ノコギリヤシの素材から、エキスの抽出方法、そして成分量と、こだわり抜かれたサプリです。そこに、セサミンとビタミンEをプラスして配合し、より中高年の男性にとって、快適に過ごせるようにと開発されました。