赤ちゃんの便秘対策に母乳を…

赤ちゃんの便秘対策に母乳を…

赤ちゃんの便秘対策に母乳を…

人工のミルクも多様化していますが、やはり、健康を考えると母乳の方が有効に感じられるかもしれません。そもそも、人口ミルクを自分たちで作って使用しているのは、哺乳類の中でも人間だけです。
そのため、健康を考えるうえでは、母乳の方が魅力的であると言えます。

 

母乳の方が愛情がつたわって良い、そんな風に感じる人は多いでしょう。
ですが、感覚的なものだけでなく、事実便秘対策につながる成分も含まれているので、栄養学的に考えても有効だと言えます。
母乳の中には、天然のオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖という成分を聞いたことがあるでしょうか。
腸内環境を整える糖類として健康食品などで広く使用されています。
母乳には天然のオリゴ糖が含まれている、それこそが、赤ちゃんの便秘対策に効果的である理由です。
母乳は出る人と、出ない人に分かれると思います。ですが、もし、出るようであればぜひ、進んであげて下さい。赤ちゃんの便秘対策になるので、健康を守ってあげるうえで有効に感じられます。

 

とは言っても、それでもなお便秘が起こる場合もあります。
便秘の苦しさは、大人にとってもおなじみかと思います。便が出ないことのしんどさはもちろん、体調全体、さらには精神面にも不調をきたす原因となります。
そのため、さまざまな対策法や薬が登場しています。ですが、赤ちゃんの場合は大人の症状以上に注意が欠かせません。なぜなら、しんどさや苦しさを自分で訴えられないからです。

 

便の量や質、表情、泣き声といった要素をしっかり見極めて、適切に対応してあげることが大切です。
赤ちゃんのために、オリゴ糖が豊富で便秘になりにくい母乳を出すためにはどうすればいいのでしょうか。
これは、母親の意識ひとつで改善が可能となります。例えば、母乳をドロッとさせる食事は控えます。揚げ物や甘いもの、肉類、乳製品などは母乳をドロッとさせてしまいます。そうなってくると、赤ちゃんは必要以上に吸う力を要するため、発汗によって水分不足に陥りやすくなります。その結果、便秘を起こしてしまいやすくなります。

 

母乳は、ただそれだけでも赤ちゃんの便秘対策に適しています。天然のオリゴ糖が、腸内環境を整える作用を担うためです。
自分が摂る食事や水分をしっかり工夫することで赤ちゃんのからだをいたわってあげましょう。

貴方の身体病んでいませんか?

トップへ戻る