年齢によるインフルエンザ予防

スポンサーサイト

年齢によるインフルエンザ予防

インフルエンザは辛い症状になりますが、やはり乳幼児、お年寄り、妊婦、持病のある人などがかかると重篤になることもあります。
そこでそれぞれの予防法について考えてみましょう。

 

乳幼児は体が小さいこと、免疫機能がまだまだ大人のように発達していないため、インフルエンザにかかると症状が重くなるリスクが高まります。
また脳炎や肺炎などの合併症にもつながってしまうため、重篤な状態に陥ることもあります。
そこで栄養状態に注意し、睡眠をとるようにさせる。
流行しているときには、できるだけ人混みは避け、両親、兄弟などはできるだけワクチンを打っておきましょう。

 

お年寄りの場合も注意が必要となります。
年齢によって免疫が低下している場合が多く、抵抗力が少ないのでインフルエンザにかかりやすく、かかると重くなる傾向があります。
毎年ワクチンを打っておくようにしましょう。
また人混みを避けるようにし、お茶など水分を取るようにします。

 

妊娠中の女性も体の変化、ホルモンバランスの乱れなどが起こり、免疫力の低下によってインフルエンザにかかりやすいと言われています。
妊娠中はワクチンを打てないと思われていますが、ワクチンを打っても大丈夫な時期もあるので医師と相談してみましょう。

 

妊娠中にインフルエンザにかかると、胎児に悪い影響を与えることもあります。
人混みもできるだけ避けるようにしましょう。

 

持病を持っている人もインフルエンザには注意をしなければなりません。
糖尿病などはインフルエンザにかかりやすく、重くなりやすいと言われています。
できるだけワクチンを受けるようにしましょう。
また喘息などを持っている人は、肺炎などの合併症になりやすいので、やはりワクチンを受けるようにしたいものです。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

予防のために知っておきたい・インフルエンザ豆知識
インフルエンザの予防のため、インフルエンザについても知っておきたいことがあります。 そんなインフルエンザ豆知識のご紹介です。 まず新型インフルエンザってなんなのでしょう。
予防のために知っておきたい・ABC型インフルエンザ
インフルエンザにはA型、B型、C型とありますが、予防のためにもこのインフルエンザの型について知っておきましょう。 インフルエンザウイルスはとてもたくさん存在していますが、人同士感染するウイルスはA型、B型、C型の3種類と言われています。
インフルエンザ予防と治療・市販薬は効くの?
インフルエンザの予防や治療に、市販の感冒薬は効果があるのでしょうか。 急に発症し、高熱が出るのがインフルエンザの特徴です。 やはり仕事があるときなど、急に発熱しても薬でなんとか会社に行きたいときもあります。
インフルエンザの予防と検査
インフルエンザの予防接種をしても、かかることもあります。 そのためインフルエンザかなと思ったら、検査をすることも必要です。 ただし予防接種をしている場合は、ほとんど症状は軽くなります。
インフルエンザの予防と前兆と潜伏期間
インフルエンザは当然予防をしっかり行うべきですが、もしかかってしまった場合の前兆や潜伏期間についてご紹介しましょう。 まず潜伏期間は、一般の風邪と違い1〜2日ととても短いと言われています。 そしてその前兆というと、体のだるさや強い悪寒、鼻腔や喉が乾燥したように感じるなどがあります。
インフルエンザ予防の必要性・怖い二次感染
インフルエンザの予防が必要なのは、インフルエンザの症状ももちろんですが、実は二次感染がとても怖いからなのです。 1度インフルエンザにかかると、もう2度とかかりたくないと思うほど辛
インフルエンザ予防・知っておきたい感染経路
インフルエンザはかからない、うつさないが基本ですが、予防するためにも感染経路を知っておくようにしましょう。 まずインフルエンザに感染している人の咳やくしゃみによる飛沫感染があります。
インフルエンザ予防・マスクについて
インフルエンザ予防にはマスクが良いと言われています。 インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染の二種類となります。 特に飛沫感染を防ぐためにはマスクはとても効果的となりますが、実は咳やくしゃみをする人がマスクをすることが、一番効果が高いのです。
インフルエンザ予防・手洗いについて
インフルエンザの予防の1つとして手洗いも重要です。 インフルエンザウイルスが人の手などを通じて、ドアノブ、パソコンのキーボードなど、思わぬところにも付いています。
インフルエンザ予防・うがいについて
インフルエンザの予防としてうがいも、もちろん効果があります。 まずインフルエンザの感染については飛沫感染と接触感染があります。 そしてこのどちらにも関係するのが、空気中の存在です。
インフルエンザ予防・予防接種について
インフルエンザの予防には、やはり予防接種が絶対おすすめです。 特に免疫力の弱い老人や小さい子供は是非ワクチン注射を受けるべきでしょう。 新型インフルエンザは季節性のインフルエンザに比べ、感染力も強く症状も辛いものとなります。
食生活でインフルエンザ予防
インフルエンザ予防の基本はやっぱり食生活ではないでしょうか。 体の中からインフルエンザ予防をしていきましょう。 もちろん食べ物だけでインフルエンザを予防することはできません。