血糖値を下げる食べ物

糖尿病の人や生活習慣病の予防を意識している人は、食後の血糖血をとても気にしていると思います。
やはり食後の血糖血の上昇が続くと、急激にインスリンを分泌する必要があるため、インスリンを分泌する膵臓が壊れてしまうという危険があり、糖尿病のリスクがとても高くなります。

 

糖尿病になってしまうと完治は難しく、それ以上進まないようにするしかありません。
そのため糖尿病になってしまった人も、当然食後の血糖血を抑える必要があります。
食後の血糖値の上昇を抑え、数値を下げていくためには、食べ物がとても重要なカギを握っているのです。

 

血糖値は物を食べれば上がります。
しかしその食べ物によって、あるいは食べ方、食べる量によって血糖値の上昇はまったく違います。
つまり血糖値をできるだけ抑えることイコール血糖値を下げることにつながるのです。
食べ物そのものに糖質が少ないものは、当然血糖値上昇率も低くなりますが、他にも一緒に食べた糖の吸収を阻害するものなど、血糖値を下げる食べ物にはいろいろなタイプがあります。

 

野菜やキノコ、海藻などには食物繊維が豊富に含まれており、食事の中にこれらがたくさん含まれていれば、特に血糖値を意識しなくても血糖値の高まりは抑えることができるのです。
しかし日本人は全体的に野菜不足であることは、厚生労働省でも注意喚起されています。
そのため野菜類を多くとるように意識することはとても大切であり、他にも血糖値の上昇を抑え、下げてくれる食べ物をもっと意識的に摂るようにしたいものです。

貴方の身体病んでいませんか?