熱中症について

スポンサーサイト

糖尿病の病気を持っている人は普通の人以上に熱中症には気をつけなければいけません。
糖尿病治療の一環として食事制限や適度な運動をしなければならないと言われています。
しかし、糖尿病の方の場合、発汗機能が上手くいってない方が多い様です。

 

これは身体が高血糖状態になっている為、皮膚上の血流障害が起きたり自立神経の障害が起こっていると考えられているからです。
こうなると体温調節をする事が更に大変になり、熱中症になりやすくなってしまうのです。

 

熱中症の症状を引き起こさない為には水分や塩分を適度に小まめに摂取するのが良いと言われています。
中でもお水よりスポーツドリンクを推奨している事も多いです。しかし、糖尿病の方の場合はこのスポーツドリンクも気をつけなければなりません。
スポーツドリンクには塩分も入っていますが糖分も入っています。

 

飲み過ぎてしまうと糖分を摂りすぎてしまい、高血糖になる可能性も出てきます。ですから、熱中症対策としてスポーツドリンクを摂るのであれば糖質が少ない物を選ぶ様にする事が大切となります。
もしも糖分が高いスポーツドリンクしか無い場合には、勿体ないけど水で薄めてから飲む様にすると良いと思います。

 

ただし、自己判断は良くありませんので掛かり付けのお医者様に聞いて熱中症対策に良い飲み物を聞いてから対策をするとより良いと思います。
更にですがビールやコーヒー等、カフェインが含まれているものは離尿作用が有るので熱中症対策にはオススメ出来ません。こうした事を踏まえて熱中症の症状が出ないようにしましょう。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

熱中症を引き起こすケース
真夏や梅雨など暑い時には熱中症の症状を引き出すんじゃないかと心配する人も多いかと思います。 確かに梅雨が明けた後はかなり暑いですよね。気温だけでいっても30度を超えているのは当たり前で、33度〜35度なんかになる日も有ります。
熱中症の予防に水分補給
基本的な熱中症の予防としては体調管理や服装等を考えると言う事です。その中でも一番基本的な予防は水分補給です。 特に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だと言う事を覚えておきましょう。
熱中症になった場合の処置
真夏の暑い日などは、熱中症の症状を起こしやすいですよね。 もし熱中症になってしまった時には、その人の体温体温調節機能,症状熱中症 応急処置,熱中症予防対策
運動時の熱中症対策
運動時の熱中症対策の為には何をしたらいいのでしょうか。 運動をする時には熱中症になる危険性が伴います。 特に夏の暑い日に外で運動する時には注意が必要です。
子供が起こす熱中症
比較的熱中症になりやすいのは子供と高齢者の方だと言われています。 よくニュースで聞くのが、親が子供を車の中に残したままにしておいて買い物とかパチンコとか行ってしまって、戻って来てみたら車の中でグッタリしていたと言うニュースです。
熱中症を予防する為には
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
熱中症の症状にはどんな物が有るのでしょうか
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
猫も熱中症になる
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
熱中症としての事故
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
熱中症を防止しよう
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
食事をバランス良く摂って熱中症を予防しよう
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。
熱中症を分類する
高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。 これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。