熱中症について

スポンサーサイト

高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。
これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。

 

熱中症とはどんな物か、その症状はどんな物か、対策や治療はどうしたらいいのかと言う知識を身につけておく事で、
熱中症にいざなった場合でも冷静に対処出来るようになりますし、予防もバッチリ出来る様になってくると思います。

 

では、熱中症になっているかどうかを判断する為にはどうしたら良いのでしょうか。

 

例えば暑い中外にいて、頭痛や起きたり、目眩や吐き気がしたりする場合で脈が速くなってしまっている場合は熱中症である可能性が有ります。
更に脱力感も凄くて身体がだるい、手足や腹部にけいれんがあると言う場合は既に熱中症になっている可能性が高いと言えます。
暫く休んでも症状が改善しない場合は、症状が悪化する前に病院に行く事が大切となります。

 

更に熱中症かどうかと言う判断には顔色を見る様にして下さい。体調が悪くなった場合、顔色が異常に赤いとか、異常に青いとかしている場合は注意して下さい。
体温調節が出来ない身体になっている様ですので、熱中症になっている可能性が非常に高いです。声をかけてみるのも有効です。
その時にハッキリした反応で有ればいいですが、反応が薄かったり、ボーっとしていたり、意識が無いと言った場合は要注意です。

 

 

このおような場合は身体を冷やしてあげると同時に、病院に連れて行く様にしましょう。

熱中症を引き起こすケース

真夏や梅雨など暑い時には熱中症の症状を引き出すんじゃないかと心配する人も多いかと思います。確かに梅雨が明けた後はかなり暑いですよね。気温だけでいっても30度を超えているのは当たり前で、33度〜35度なんかになる日も有ります。このあたりになると熱中症が増加してくると言われているのです。また、最近の日本...

≫続きを読む

熱中症の予防に水分補給

基本的な熱中症の予防としては体調管理や服装等を考えると言う事です。その中でも一番基本的な予防は水分補給です。特に定期的な水分補給と塩分が含まれている水分の補給が必要だと言う事を覚えておきましょう。人間は通常2リットルもの水分を体内から失っていると言われています。これは通常時の事になります。真夏等暑い...

≫続きを読む

熱中症になった場合の処置

真夏の暑い日などは、熱中症の症状を起こしやすいですよね。もし熱中症になってしまった時には、その人の体温調節機能がおかしくなっている事が考えられます。最悪は人命に関わる事態に陥るかもしれません。その為に処置を素早く行う事が大切となるのです。熱中症の症状が出た場合の応急的処置としては、体温を下げる事。こ...

≫続きを読む

運動時の熱中症対策

運動時の熱中症対策の為には何をしたらいいのでしょうか。運動をする時には熱中症になる危険性が伴います。特に夏の暑い日に外で運動する時には注意が必要です。その対策として効果的なのが運動をする前後にスポーツドリンクを飲む事だと言われています。しかし、ただやみくもに飲んでも効果は有りません。却って逆効果にな...

≫続きを読む

子供が起こす熱中症

比較的熱中症になりやすいのは子供と高齢者の方だと言われています。よくニュースで聞くのが、親が子供を車の中に残したままにしておいて買い物とかパチンコとか行ってしまって、戻って来てみたら車の中でグッタリしていたと言うニュースです。これは悲しいけど現実に結構な件数起こっているのです。これは子供が熱中症の症...

≫続きを読む

糖尿病の人が行う熱中症対策

糖尿病の病気を持っている人は普通の人以上に熱中症には気をつけなければいけません。糖尿病治療の一環として食事制限や適度な運動をしなければならないと言われています。しかし、糖尿病の方の場合、発汗機能が上手くいってない方が多い様です。これは身体が高血糖状態になっている為、皮膚上の血流障害が起きたり自立神経...

≫続きを読む

熱中症を予防する為には

熱中症の症状を引き起こしてしまうと最悪死んでしまう程、軽く見てはいけない症状です。その為に常に予防をしておく事が大切となります。では、熱中症の予防に何をしたらいいのか挙げてみたいと思います。【水分補給】暑い日に汗をかいたらそのまま放っておいてはいけません。そのままでいたら脱水症状になってしまって熱中...

≫続きを読む

熱中症の症状にはどんな物が有るのでしょうか

夏になるとニュース等で良く耳にする事が多くなる「熱中症」。良く聞く言葉ですけど、実際にどんな症状が熱中症の症状なのか知らない人も多いのではないでしょうか。そこでここでは熱中症になったらどんな症状が出るのか挙げてみたいと思いますので、夏に海や山等アウトドアをする予定が有る人なんかは特に参考にしてみて下...

≫続きを読む

猫も熱中症になる

人間だけじゃなく、猫も熱中症にかかるってご存知でしたでしょうか。人間の熱中症だけが取り沙汰されるのでついつい忘れてしまいがちですが、動物も生きていますから熱中症にかかる事も有るのです。猫は本来暑さに強い動物として知られています。とは言うものの猫の体温は38度位が平熱だと言われています。人間よりたった...

≫続きを読む

熱中症としての事故

毎年ニュースで熱中症による死亡者が起きているのを良く聞きますよね。この「熱中症」と言う症状、最近よく取り上げられて来たようですが、まだまだ曖昧な知識の人が多い様です。年々地球温暖化は進んできており、今後もますます暑くなる事が予想されます。この為に、熱中症になる人も増えてくると予想されるので、確実な知...

≫続きを読む

熱中症を防止しよう

夏は熱中症を起こしやすい季節です。自分は大丈夫と過信している人に限って気が付いたら症状を起こしている事が多いです。熱中症の症状を引き起こさない為にも常日頃から熱中症の防止をしておく必要が有ります。先ずは外出する時の洋服です。黒系の服は熱を吸収すると言われています。つまり服自体に熱がこもってしまうので...

≫続きを読む

食事をバランス良く摂って熱中症を予防しよう

体調管理をしっかりする事で、熱中症の予防をかなりする事が出来ます。熱中症の症状を出さない為の予防として挙げられる物の1つに「食事」が挙げられます。夏になると暑いから身体もだるくなって食欲がなくなりがちですよね。そうなると食事をしなくなったり、逆に冷たいものばかり摂ってしまったり、食べ過ぎてしまったり...

≫続きを読む

熱中症を分類する

私達にとって熱中症と言うのはとても身近に起こる症状となっています。よく夏になるとニュースになる事も多いので聞いた事が有る人はたくさんいる事でしょう。しかし、熱中症の症状は有る程度の段階に分類されていると言います。その分類をよく知らない人が多いのも事実なのです。熱中症は最悪死を招く恐れが有る症状です。...

≫続きを読む

熱中症かどうかの判断しよう

高温多湿の中で運動をしたり、長時間仕事をしたり、遊んだりしていると熱中症になってしまう危険性が出てきます。これは万人に言える事ですので、自分は体力が有るから大丈夫と過信しない様にする事が大切になります。熱中症とはどんな物か、その症状はどんな物か、対策や治療はどうしたらいいのかと言う知識を身につけてお...

≫続きを読む

熱中症の原因について

夏場に多くでる症状として熱中症が挙げられます。これはとても身近な症状で有る上に誰でもかかってしまう可能性が有るのです。その為にいつ誰がかかっても良い様にしっかりとして危険性を認識し、知識を持って置く事が大切となります。先ずは熱中症の症状ですが、もし熱中症になった場合、どういう様な状態になるのでしょう...

≫続きを読む

熱中症が起こりやすい気温

暑い外で活動をしている人にとって、心配するのは熱中症の事ではないでしょうか。熱中症は軽く見てはいけません。最悪の場合は死んでしまう可能性も有る位大変危険な症状なのです。最悪そう言う風になる場合も有ると認識した上で、きちんとした理解を深めて熱中症対策をしていく必要が有ります。ここでは熱中症の症状が起こ...

≫続きを読む

熱中症になりやすい人とは

子供や高齢者の方は特に熱中症になりやすいと言われています。しかし通常の成人の人でも症状にかかりやすい人、かかりにくい人がいますよね。この症状にかかりやすい人とはどういう人なのでしょうか。先ずは健康な人でも注意しなければならないと思うのですが、風邪や下痢等体調不良に陥っている場合は体温調節機能がバラン...

≫続きを読む

熱中症を予防する8つのポイント1

財団法人日本体育協会が熱中症の事故を少しでも減らす為に、「スポーツ活動中の熱中症予防8ヶ条」なる物を出している事をご存知でしょうか。熱中症はなるべく環境においてなってしまいます。つまり予防する事で充分に避けられる病気なのです。【知って防ごう熱中症】熱中症には症状の軽い順から、熱失神、熱疲労、熱けいれ...

≫続きを読む

熱中症を予防する8つのポイント2

熱中症対策として財団法人日本体育協会がまとめているのが「スポーツ活動中の熱中症予防8ヶ条」になります。どんな8ヶ条が有るのかいくつか挙げてみたいと思います。これを守る事で正しい環境でスポーツをする事ができ、熱中症も防ぐ事が出来る様になります。【急な暑さは要注意】熱中症は真夏日や猛暑日など気温が高い時...

≫続きを読む

熱中症対策グッズ

梅雨も明けた7月?8月位は急に気温が上がってきてバテ気味になりますよね。そこで注意したいのが熱中症です。熱中症の症状は色々有りますが、そんな症状にならない内に対策を講じておいた方が良いと思います。そこで熱中症対策グッズをご紹介したいと思いますので参考にしてみて下さい。熱中症の症状を引き起こす原因とし...

≫続きを読む

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?