心臓病の予防と年齢

スポンサーサイト

年齢とともに体のいろいろなところが弱ってくることは避けられません。
心臓病で亡くなる人の多くは高齢者です。
心臓はしっかりと動くことが使命ですから、それが出来なくなってしまうと死に直結するんです。

 

そこで年齢に応じた心臓病の予防を考えなければなりません。
運動をすることで血液の流れが促進され、心臓病の予防につながることは常識となっていることでしょう。

 

しかし、高齢者に無理な運動をさせることは逆効果となります。
それならばどの程度の運動が予防に適しているのでしょうか。
個人差もあり簡単に答えを出すことはできませんが、自分で実際に運動をしてみることをおすすめします。

 

無理をしてはいけませんが、あまり軽い運動では運動になりません。
予防効果が期待できないんです。
運動をすることによって心臓の鼓動は早くなります。
座っている状態の脈拍からどのくらい増えるところまでの運動であればいいかをチェックすればいいのです。

 

もちろん、一般の人がチェックするのではなく専門の医師にお願いしなければなりません。
現代医学では動かさないことよりも適度に動かすことによっていろいろな病気は改善すると考えられています。

 

心臓を動かすことで心臓病予防となるのです。
この他に食事の内容を吟味することも重要です。
野菜をたくさん摂って肉を少なめにしましょう。

 

それだけでも体調はかなり良くなるはずです。
自分で効果を確認することも継続するために必要なことです。
年齢に関係なく一生続けなければならないからです。

スポンサーサイト

貴方の身体病んでいませんか?