歯周病の検査

歯医者さんで歯周病の検査をしてもらう時のことを紹介しましょう。
自分が歯周病かなと思ったら、早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。
歯磨きを一生懸命しても、歯周病を止めることはできないんです。
歯周病の検査として、歯の全体をレントゲン撮影します。

また、口腔内写真も撮影します。
デジカメなどが一般的になりましたから、患者への説明用にたくさんの映像を取ってくれる歯科医が増えたようです。

歯周病の進行度合いを見るために、歯周ポケットの深さを測定することも行われます。
歯周ポケットが深いと、それだけ歯垢がたまりやすくなり、歯周病が進行しやすくなるのです。

また、歯がどれくらいぐらついているかを調べることもあります。
これは動揺度検査と呼ばれるものです。
これらの検査結果を元に、治療計画を立てます。
もちろん、この時には患者に詳しく説明して納得の上での計画となります。
歯の一本一本に対して治療法を考えていきます。

そのために説明には1時間ぐらいかかる場合もあるようです。
一つの歯だけではなく、口の中全体で歯周病を治療するということになるのです。
歯科医を選ぶ時にこのような説明をどれくらい詳しくやってくれるかもポイントになるでしょう。

歯周病の進行度合いにもよりますが、治療は歯垢の除去から始まるようです。
そして、ブラッシング指導を受けて、毎日の歯磨きを欠かさないようにやっていきます。
歯科医での治療だけで、それ以外は歯磨きもしないという人は治療の進み具合が遅くなると考えておきましょう。

貴方の身体病んでいませんか?