血液循環としびれその2

スポンサーサイト

例えば、命に関わる大きな病気、脳梗塞、脳出血、また、脳腫瘍、脊髄障害などが、引き起こしているしびれもあります。
手足にしびれを感じるだけでなく、半身に、麻痺が出るようなこと、また、顔にしびれを感じるようなことは、大きな疾患があるかもしれません。
こんなケースは、すぐに受診しましょう。

 

また、しびれが長く続くので病院で診てもらった人もいらっしゃるでしょう。
血行不良によって発生してしまう、しびれが続く方は、実は、病院で診てもらっても、特に原因がわからないケースもあります。
そんな場合は、やはり血液循環が問題となっていると推測されます。
ですから、しびれが出たら、イコール、血液循環が良くないと言う可能性が高いようです。

 

また、現代の人は、ストレスが多い生活を余儀なくされています。
ストレスがかかること、それによって血行不良が起こっているケースも多いです。
過剰なストレスを感じ、それを溜め込んでばかりいると、自律神経系の機能が異常になってきます。

 

自律神経が異常をきたすと、血液に影響を与え、血行を悪くします。
ですから、ストレスが溜まると、手足がしびれる、と言う症状の方も多いようです

 

さらに、自律神経は、ホルモン分泌にも関係していますから、ホルモンバランスにも影響を与えているのです。
ホルモンを分泌するのは、内分泌系で、これは自律神経と連携している機能です。
どちらかがバランスを崩しても、また、どちらかに影響を与えてしまうものです。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環としびれその3
ですから、内分泌系、自律神経、どちらも正常に機能しなければ、健康に支障が出てしまいます。 また、しびれの原因は血液循環が悪くなっている他にも、血行不良で肩こりや腰痛が起こり、末梢神経が傷つけられているケースもあります。
血液循環としびれその4
ハリや弾力がない、弱い血管ですと、血液が勢い良く流れることが難しくなります。 血液を押し流す圧力に弱弱しい血管は、耐えられません。 血行促進のためにも、まず、血管を丈夫にすることが大切です。 ビタミンの中でも、特に、ビタミン、ビタミンEは、摂取することで血管を丈夫になります。