血液循環としびれその3

スポンサーサイト

ですから、内分泌系、自律神経、どちらも正常に機能しなければ、健康に支障が出てしまいます。
また、しびれの原因は血液循環が悪くなっている他にも、血行不良で肩こりや腰痛が起こり、末梢神経が傷つけられているケースもあります。

 

このような際に、手足にしびれを感じるケースもあるようです。
慢性的に肩こりで悩んでいる方は、しびれにも繋がるようなので、とにかく血行促進させ、血液循環に気をつけましょう。

 

血行を促進すれば、それによって引き起こされているしびれも解消出来ます。
血行を良くするためには、まず、体を温めることです。
体が温まると、血管も温まりますから、血液が流れやすくなります。
反対に、冷えた血管は柔軟性がなくなり、血管が細くなりますから、血液循環がしにくく、老廃物もたまりやすくなってしまいます。

 

ですから、お風呂でしたら熱い湯に入るのではなく、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることをお勧めします。
こうすると、体温があがりますので血行促進になりますよ。

 

また、ウォーキングなど、普段から足の筋肉を鍛えることも実践すると良いでしょう。
足の筋肉を鍛えれば、末端から心臓に血液を戻す力も増してきますので、血液循環が良くなるでしょう。
軽い運動を継続する事は、筋肉を鍛えるだけでなく、血行促進し、血液循環にはとても良いことです。

 

そして、ビタミン類を摂取することで血管を強く丈夫にする方法もあります。
健康な血管とは、柔軟性があり、弾力がある血管が理想的です。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環としびれその2
例えば、命に関わる大きな病気、脳梗塞、脳出血、また、脳腫瘍、脊髄障害などが、引き起こしているしびれもあります。 手足にしびれを感じるだけでなく、半身に、麻痺が出るようなこと、また、顔にしびれを感じるようなことは、大きな疾患があるかもしれません。 こんなケースは、すぐに受診しましょう。
血液循環としびれその4
ハリや弾力がない、弱い血管ですと、血液が勢い良く流れることが難しくなります。 血液を押し流す圧力に弱弱しい血管は、耐えられません。 血行促進のためにも、まず、血管を丈夫にすることが大切です。 ビタミンの中でも、特に、ビタミン、ビタミンEは、摂取することで血管を丈夫になります。