血液循環とお風呂その2

スポンサーサイト

お仕事で疲れた体をゆっくりと癒すべく、お風呂にゆっくり入り、血行促進し、体中の血液循環をさせて疲れも取りましょう。
そうすれば、ぐっすりと眠れることでしょうね。

 

お休み前の入浴のポイントですが、ぬるめの温度がお勧めです。
どうしても冬場は熱いお風呂に入る人が多いようです。
これは、寒いから仕方ありませんけれど、ぬるめのほうが疲れは取れます。

 

人によって適温はあると思いますが、一般的に言って40度くらいがぬるくてちょうど良いでしょう。
その温度のお風呂に、長くゆっくりと浸かってくださいね。
なぜ、ぬるめの温度が良いのかと言いますと、40度以下のお風呂は、血液循環が良くなるだけではなく、なんと副交感神経を刺激するそうなので、心身ともにリラックスできますね。

 

私は、今までずっと、熱めのお湯に浸かる事が好きでしたので、これでは副交感神経が刺激されないんですね。
これからは、ぬるめのお湯に浸かるように気をつけて、心はリラックス、体は血液循環をさせたいと思います。

 

そして、朝、お風呂に入る方も多いと思いますが、朝は夜と違って、熱めのお風呂が良いそうです。
一般的な温度としては、42度くらいが良いでしょう。
こうしますと、やる気を起こさせる交感神経が刺激されて、活発化しますので、一日頑張ろうという気になります。

 

朝はどうしても頭が回らないとか、気持ちが上がってこない方は、朝の入浴がお勧めです。
朝から、しっかりと血液循環させて、頭にも新鮮な血液を回してあげましょう。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環とお風呂その3
お風呂の注意点は、空腹や満腹時は避けた方が、体力を消耗したり、消化を邪魔したりしません。 食事の後は、時間を置いて入浴するようにしましょう そうかと言って、忙しい朝、お風呂に入るなら、起きてすぐでしょうから、空腹でも仕方ありませんよね。
血液循環とお風呂その4
肩がこっていると思ったら、熱めのシャワーを肩に浴びせて、次に20度くらいの冷たいシャワーをあてます。 何度か繰り返すと、血行が促進されますので、さらに、お風呂に首まで入って体を温めてくださいね。 このように拡張、収縮を繰り返すと血管に柔軟性が出て強くなります。