食後低血圧

スポンサーサイト

あなたは食後低血圧と言う症状をご存知ですか。
言葉からわかるように食後に低血圧となる事なんです。
食事をすることで体内の血流が変わり、低血圧となります。
立ちくらみやめまいの症状が出ます。
この具体的な治療法は薬の投与などがありますが、食後低血圧の治療法よりもその原因となる病気の治療を優先しなければなりませんね。
例えば高血圧の人は血圧を下げる薬を食後に服用します。
そのために低血圧になることもあるんです。
その場合、治療法として薬を飲むことはできないのです。
対応策としては食後にすぐ立ち上がらないとか、めまいに注意すると言ったことだけです。
もちろん、食後の一時的な症状ですから、しばらくすると改善します。
食後にしばらく横になっておくとか、歩くと血圧が改善する人もいます。
カフェインは血管を収縮させますから、食前にコーヒーを飲むのも一定の効果が得られます。
症状がひどい場合は非ステロイド系抗炎症薬を飲んだり、オクトレオチドを注射したりする場合があります。
これらの薬は医師の処方が必要ですから、病院内で行われると考えていいでしょう。
高齢者の3分の1が食後低血圧になると言われていますから、特別に治療法を考えなくてもいいのです。
ただ、立ちくらみによって転倒して怪我をすることがないように注意が必要です。

自分が食後低血圧になりやすいとわかっているなら、注意が必要でしょう。
周りの人もそれをサポートするようにしなければなりません。