スポンサードリンク

高血圧による心疾患

高血圧が影響を及ぼすのは、脳だけではありません。
血管は全身を網羅していますから、全身に何らかの影響が出るのは当たり前といえば当たり前ですが、高血圧のやっかいなのは、人間にとって特に重要な臓器にも支障を来たすことなのです。

脳と同じくらい大切な臓器である心臓・・・
そこにも生死を左右するようなとても大きな悪影響を与えます。
心臓への悪影響として「虚血性心疾患」と「心肥大・心不全」とに大きくわかれます。
虚血性心疾患というのは、冠動脈の硬化により心筋への血流が阻害されることで、代表的な病名を上げるとすれば、「心筋梗塞」や「狭心症」など、心筋障害をきたす疾患をいいます。

一方、心肥大・心不全というのは、高血圧である状態が長く続くことにより心臓の仕事量が増えるので、心筋が肥大してくるという症状です。
それが、どのように悪いのかと申しますと、肥大した心筋はさらなる高血圧の負荷により拡張してゆき、ついには心不全に陥ってしまうことになるのです。
また、肥大した心筋ですと冠動脈からの血流も減少してしまいますから、虚血に陥りやすくなり、不整脈や虚血性心疾患の大きなリスクとなってしまいます。

虚血性心疾患のほうは、高血圧が原因ではない場合もあります。
糖尿病が原因であったり、喫煙が原因であったり、肥満が原因の場合もあります。
ですが、これらが原因である場合も、並行して血圧が高い場合が多いです。
血圧を正常値に保っていることで、このような疾患の危険性が低くなりますから、やはり高血圧はすぐにでも治療しなくてはいけませんね。

スポンサードリンク

貴方の身体病んでいませんか?