赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊治療の流れのなかで、西洋の薬であるホルモン剤などが使われる場合もありますが、漢方薬が使われる場合もあります。
妊娠したいからと言ってすぐに薬を投与したり、体外受精に進んだりするのではなく、漢方薬という東洋の力で、人間の持つ自然治癒力などを高めることも行なわれています。

 

体の機能が回復すれば、生殖機能などの働きも復活し、自然と妊娠できる体になることでしょう。
東洋医学は、西洋の薬によって、体に足りないものを補うことや、弱った機能を治すという治療方法とは、根本的に考え方が違います。
ですが、漢方は世界中で活用されているものであり、様々な疾患に効果的であることから、漢方は根強い人気があります。

 

不妊治療の流れで漢方を使う場合は、自然に妊娠可能な体を取りもどすことが先決ですから、すぐに妊娠するわけではありません。
そもそも体質改善に時間はかかりますし、じっくりと体を健康体にしてから、ようやく妊娠が望めるわけで、すぐに赤ちゃんが欲しい人には向きません。
実際には半年から一年くらいは必要だと言われています。

 

不妊治療の流れで、西洋薬が使われることも多いですが、それに比べ、効果は穏やかです。
助かることに漢方は副作用も少ないので、副作用が不安な方にもおすすめでしょう。
西洋薬の副作用で弱ってしまった体にも、漢方の力が働いてくれます。
現在、漢方には二つのタイプがあり、漢方エキス製剤と、実際に漢方医が生薬を調合する煎じ薬です。

不妊治療と漢方記事一覧

不妊治療と漢方続きその1

多くの医療機関では、保険が使えるため、漢方でも煎じたものではなく、漢方エキス製剤を扱っているところが多いです。また、不妊治療の流れとして使う漢方薬には、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)があります。これは、体をあたため、血行促進、貧血改善効果がある漢方で、卵巣機能の改善が望める漢方薬です。黄体ホルモ...

≫続きを読む

不妊治療と漢方続きその2

女性の冷えは、不妊の大きな原因の一つになっていると言われていますので、冷え性を改善することも、不妊治療への第一歩となることでしょう。不妊治療の流れとして、冷えに効果的、または、生殖機能を改善する漢方薬を処方されることが多く、体を本調子に戻し自然な形で妊娠しやすい体に持っていくことができます。気になる...

≫続きを読む

スポンサーサイト