赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊治療を始めて、すぐに妊娠する方もいらっしゃれば、長く治療を続けていても妊娠しない方もいらっしゃいます。
治療期間が長くなると精神的にもつらいことでしょう。
不妊治療の流れとしては、基本検査で不妊の原因を判断し、それに対して治療をしていくということが一般的です。

 

ですが、原因と考えられることに対処しても、すぐには妊娠に成功しないこともあり、また、不妊の原因がなかなか見つけられないこともあります。
不妊治療をしても、1回あたりの妊娠成功率は、30パーセントほどだと言われていますので、余り高い数字ではありません。
諦めず繰り返し治療を続けていくしかないのです。

 

ですが、不妊治療の流れとして、なかなか妊娠に成功しない場合は、同じ治療を繰り返していても効果が望めませんので、別の方法へ切り替えることや、次の段階の治療へすすむ方が多いです。
特に、年齢が高い方は、何年も治療を続けていくことは、大事な時間をロスすることにもなります。

 

不妊治療でなかなか納得の行く結果が出ない場合は、原因と考えられることを再度、見直すことも必要です。
また、はっきりとした原因を突き止めて、それに合った不妊治療をしていくことでしょう。

 

体外受精であっても、同じ方法で3回失敗したら、次のステップを試す病院も多いです。
相手は専門医ですし、患者である自分は、なかなか言いたいことも言えないというケースも多いです。
ですが、不妊治療は専門医と患者の関係性も大切なので、信頼できてなんでも相談できるドクターに出会うことも大切なのです。

スポンサーサイト