赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

不妊の治療のスタートは、女性だけではなく、男女揃って検査を受け、原因を突き止めることから始まります。
ですから、不妊治療を考えている方は、自分ひとりの希望ではなく、パートナーの同意も必要です。
プライドの高い男性ですと、検査に協力することも難しいかもしれません。

 

ですが、二人で乗り越えて行かなければならないことです。
原因が男性にあった場合、男性の不妊治療の流れとして、非ホルモン療法という治療があります。
これは、男性の精子減少症を改善するためのもので、ホルモン剤を使わず漢方薬、ビタミン剤などで改善する方法です。

 

不妊治療の流れで行なわれるものですが、科学的根拠が少ないので、この方法は専門医の経験の多さが重要となってくるでしょう。
非ホルモン療法を受ける方は、その前に精子検査と、男性不妊スクリーニングセット検査が必要です。
また、内分泌異常による乏精子、それから、精子無力症に対しての治療は、ゴナドトロピン製剤を使ってエストロゲンのフーィドバックから防ぎ、精子の産生を促す

 

クロミフェン法という治療方法もあります。
GnRH療法は、薬剤を持続的に少量ずつ投与することでゴナドトロピン分泌を促進させる男性の不妊治療方法です。
薬剤はスプレキュアを使用します。
費用は1本、15000円で、毎日使っても、1本でおよそ2週間使用可能です。

 

それから、下垂体ゴナドトロピン療法はホルモン欠損が原因で、精子の造精能力が下がっている場合に用いられる方法です。
ゴナドトロピンを補充し、精子の産生を促進します。
不妊治療の流れのなかで、男性不妊としては、薬物療法の中で、一番効果が期待できると言われている治療です。

スポンサーサイト