膵臓癌

スポンサーサイト

膵臓癌はいろいろな癌の中でも致死率の高いがんとして知られています。
膵臓が重要な臓器であるため、代替が効かないのでしょう。
また、位置している部位が内臓の奥深くであることも癌の発見を遅らせる要因の一つとなります。

 

自覚症状が少ないため、検査を受けることもありません。
検査を受けて膵臓癌が発見された時には手遅れと言うパターンです。
もちろん、他の病気が潜んでいる場合もあります。

 

背中が痛いと感じたら、まずは病院で検査をしてもらいましょう。
膵臓がんになりやすい人はある程度統計があります。
アルコールを飲む人、タバコを吸う人、そして男性です。

 

これはあくまでも統計ですから、それだけですべてがわかるわけではありません。
毎年の健康診断で問題ないと言われても、他の検査をしておくことをおすすめします。
膵臓は食べ物を消化する膵液を分泌します。

 

従って。膵臓が病気になると物を食べることが出来なくなります。
急性膵炎の場合は食べ物だけではなく飲むこともできません。
胃と腸の中を空っぽにしておかなければならないんです。
闘病生活はかなり厳しいものになります。

 

いつまでも健康でいたいと思うなら、日頃から注意しておくことです。
また、膵臓癌の生存率が低いのは病変を除去しても、転移する確率が高いことを意味しています。
手術自体が難しい上に転移するのですから、恐ろしい病気と言えるでしょう。
現代医学の技術では膵臓癌の5年生存率は5割程度です。
初期で発見しても厳しい現実があります。

 

スポンサーサイト