赤ちゃんが欲しい

スポンサーサイト

卵巣の卵の数を努力で増やすことはできませんが、その限られた卵が妊娠しやすくすることはできるでしょう。
質の良い卵巣を育て、妊娠しやすくすることは可能です。
例えば、不妊治療の流れで高度な治療となると、卵巣を刺激し採卵する成熟卵を増やすこともできます。

 

こうすることで、増えた卵子のなかから、より質の良いものが出る確率を高めます。
自分でできることと言えば、冷えを防ぎ血行を良くすること。
卵巣も子宮も、体の臓器ですから、細胞までしっかりと新鮮な血液が届けば栄養も酸素も運ばれます。

 

それには、血液の流れをよくして、冷えを解消することが大切です。
末端まで血液がきちんと巡って、臓器が活発に働くことで健康体に近づきます。
反対に、血流が滞れば、卵巣や子宮へ送られる酸素や栄養素は少なくなり、ホルモンの供給が不十分になります。

 

それによって生殖機能はダウンしますから、冷えから不妊となるケースも多いのです。
不妊治療の流れとして、自分自身でできることと言えば、身体の冷えを改善し血行をよくすることが先決でしょう。
そして、栄養のバランスが悪いと、卵が元気に育ちませんし、成熟することも難しいです。

 

大切な栄養素として、タンパク質、糖質、脂質、これは3大栄養素として必須であり、ほかにもビタミン、ミネラル、食物繊維を取りましょう。
女性は鉄、亜鉛、カルシウムなどが足りない方も多く、これらは卵の成育にはとても大切です。
不妊治療の流れとして、このような成分を含む食材をすすんで食べることや、サプリメントで摂取することも大切です。

スポンサーサイト

関連ページ

不妊治療と卵巣年齢続きその1
例えば、年齢が若くても、AMHの数値が低い人もいます。 また、中年層であっても、数値が高い方もいますので、実年齢とは関係なく、卵巣年齢が若ければ妊娠も可能となるでしょう。