血液循環を良くする呼吸その5

スポンサーサイト

そのために、いつでもどこでも自分で出来る、呼吸のコントロール方法をご紹介します。
息を吸っている時間の倍かけて、息を吐く事がポイントです。
息を吸える時間は人によって違ってくると思いますので、「いち、に、さん」と自分でカウントしながら、やってみてくださいね。

 

そして、口呼吸だけでは、体内の奥底まで酸素が取り込めませんので、呼吸が浅くなりがちです。
吸うときには、鼻から空気を吸いましょう。
吸うときは、お腹を意識的にへこませて、短い時間でたくさんの空気を吸います。

 

そして、息を吐くときは、お腹をふくらませましょう。
私の知っているダンススクールでは、レッスンの前に、こうした呼吸法を取り入れていました。
その気は「いち、にい、さん」で息をいっぱいに吸い込んで、「しー、ごー、ろく、なな、はち、きゅう、じゅう」と口に出して息を吐き出していました。
最初は難しいですが、慣れてくると皆様も出来るようになりますよ。
こうして、レッスンの前に血液循環を良くしておくことで、運動の効果をアップ出来るのだと思います。

 

腹式呼吸をする事によって、血液循環の良い体になることが出来ますから、お仕事中でも、家でも外でも、どこでもトライしてみてくださいね。
呼吸を意識して行うことは、血液循環に良いだけでなく、女性には嬉しいダイエット効果も期待できますから、健康と美容のためにも呼吸を意識してみてくださいね。
ストレスをためないことが大切ですが、たまってしまったストレスは自分で上手に解消しましょう。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?

関連ページ

血液循環を良くする呼吸その2
交互にバランス良く自律神経が働けば良いのでしょうが、ストレスなどで、心も体も緊張状態が続き、交感神経ばかり優位になってしまうことがあります。 このような状態ですと、血液循環に問題が発生してしまいます。
血液循環を良くする呼吸その3
そういえば、体温が上がれば免疫力が上がるというテーマの本が、ベストセラーになる現代ですから、多くの人が、自分の健康について興味を持っているのだと思います。 「ストレスをためることは、体にも心にも悪いこと」だと言われていますが、ふたを開けてみるとこのような体の機能と関係しているんですね。 そこで、ストレスによる血行不良は、自ら改善することが大切です。
血液循環を良くする呼吸その4
呼吸と副交感神経、それから、血液循環、これらが深い関係があることがわかると、ヨガなどで実践されている呼吸法は正しいものだということが理解できると思います。