「動脈硬化」とは?

スポンサーサイト

「動脈硬化」とは、血管の内側の壁に中性脂肪やコレステロールなどがこびり付いて、血管の中が狭くなり、血液の流れが悪くなったり、血管が硬くなったり、柔軟性がなくなったりして、血管がもろくなる病気です。
たとえて言うと、水道菅が古くなって、汚れが付いて詰まってしまい、それが錆びて剥がれる状態と同じなんです。

 

動脈硬化が悪化すると、脳の血管が詰まって「脳梗塞」になったり、心臓の周りの血管である冠動脈が狭くなって「心筋梗塞」になったり、血管が破れると「脳出血」になったりして、大変危険な状態になってしまいます。

 

また、血管は年齢とともにだんだんと硬くなっていくので、動脈硬化は誰でも少しは発症する可能性のある病気です。さらに、高血圧や肥満、糖尿病、高脂血症なども動脈硬化を引き起こす原因になります。
そのため、誰でも動脈硬化にならないための予防は必要なことで、動脈硬化の原因となる病気にかからないために、動脈硬化のことを理解しておく必要があります。

 

動脈硬化の改善方法としては、まず日常の生活習慣を見直すことです。また、動脈硬化の原因となる病気を患っている場合は、それを治療しなければいけません。
動脈硬化がかなり進行してしまっている場合は、手術をする必要があることもあります。

 

動脈硬化そのものを治す方法は、現在ではまだ確立されていません。そのため、動脈硬化の改善方法は、患者さん1人1人によってそれぞれ違ってくるのです。

スポンサーサイト