活性酸素を増やさないための改善方法

スポンサーサイト

 

さらに、タバコには「過酸化水素」という活性酸素が含まれているので、タバコの煙を吸うということは、活性酸素を自ら取り入れているということなのです。また、活性酸素から体を守ってくれる作用のある抗酸化物質のビタミンCも壊してしまいます。そのため、タバコを吸っている人の改善方法としては、禁煙が一番良いのです。

 

激しい運動をした時も、活性酸素が発生します。激しい運動をすると、呼吸が激しくなって大量の酸素が必要となります。また、運動をして体温が上がると、活性酸素が発生しやすくなるだけでなく、肉体的、精神的に圧力がかかって、活性酸素が大量に増えるのです。

 

しかし、水泳やウォーキングなどの有酸素運動は、逆に活性酸素を減らす効果があります。どうしても激しい運動をしないといけない状況でなければ、軽い有酸素運動を継続するように心がけましょう。

 

また、紫外線も活性酸素の発生に影響を与えます。皮膚に紫外線が当たると、その刺激で活性酸素が大量に発生するのです。また、紫外線が当たると、体内で老廃物を作りやすくなり、血管の柔軟性がなくなるので、動脈硬化の原因につながるのです。

スポンサーサイト