「動脈硬化」とは?

スポンサーサイト

痛風の発症は、尿酸値と大きく関わってきますが、中性脂肪値も関係しているのです。必要以上に食べたり飲んだりして、体の中に中性脂肪を多く取り入れると、肥満になってしまいます。肥満になる人は、痛風の原因となる尿酸が作られる「プリン体」を多く含む食事を摂っている場合がほとんどなんです。また、痛風を放置していると、動脈硬化を進行させてしまうことなどもあります。

 

痛風の改善方法は、食生活を見直すことが基本となります。食事療法は、痛風になりやすい食品を避けるだけでなく、痛風に良い食品を食べることもとても大切な事です。

 

痛風に良い食べ物とは、痛風に良くないプリン体が多く含まれていないということだけでなく、尿酸値を下げる作用のある食品ということです。

 

尿酸値を下げる食べ物とは、尿をアルカリ化する作用のある食べ物です。尿は、通常、弱酸性ですが、尿酸値が高いと“酸性尿”になります。そうなると、尿酸が溶けにくくなり、尿として排出されなくなり、そのまま放置すると尿酸が結晶化してしまいます。白血球はその結晶を攻撃するので、痛風として激痛が生じるのです。

 

尿をアルカリ化する食べ物には、ひじきやわかめ、昆布などの海藻類、ゴボウやホウレンソウ、干しシイタケ、ニンジン、キャベツなどの野菜、さつま芋や里芋などのイモ類 、グレープフルーツやバナナ、リンゴなどの果物があります。

 

しかし、果物には、糖分が多く含まれていますし、カロリーも高いものもあります。そのため、果物ばかり食べるのはやめましょう。

 

食生活の改善方法を知って、動脈硬化の原因となる痛風を予防して行きましょう。

 

無農薬野菜を食べて見ませんか。

スポンサーサイト