「活性酸素」が動脈硬化を引き起こす

スポンサーサイト

最近の研究によると、「活性酸素」も動脈硬化を引き起こす原因に成ることがわかって来ました

 

活性酸素は、酸化力の強い活性化された酸素です。私たちの体の中には、ある程度の活性酸素が存在しており、ウィルスなどが侵入してきたら攻撃して、私たちの体を守ってくれるという大切な役割を果たしています。

 

ところが、必要以上に活性酸素が増えると、正常な細胞なども酸化させて攻撃してしまいます。そして、血管の老化などを早めたり、 血液中の悪玉コレステロールが酸化されると、動脈硬化を進行してしまったりする危険性があるのです。さらに、余分な活性酸素は、生活習慣病や癌などの深刻な病気の原因にもなってしまうのです。そのため、活性酸素を増やさないように、生活の改善方法をよく確認して心がけないといけません。

 

活性酸素が増える原因は、飲酒や喫煙をする、ストレスを溜める、大気汚染や強い紫外線を受ける、激しい運動をする、野菜や果物に含まれる残留農薬を体内に入れるなどです。

 

食生活における改善方法としては、加工食品を避けることです。スーパーマーケットやコンビニで売られている加工食品には、食品添加物が多く含まれています。この食品添加物は、肝臓で分解されるのですが、この時に活性酸素が発生し、肝臓などの臓器に攻撃を与えます。そのため、加工食品に頼らず、無農薬の野菜などを使った手作りの料理を食べることが大切なのです。

 

無農薬野菜を食べて見ませんか。

スポンサーサイト