肝硬変の食事レシピ

スポンサーサイト

肝臓に負担をかける原因として、アルコールの摂取があげられていますが、毎日、お酒を飲む方はそれだけで日々、肝臓にダメージを蓄積しています。

 

アルコールは肝臓で処理されて、有毒な物質も中和してくれるのですから、肝臓を毎日フルに使えば、それだけ肝臓が疲れるのは当然です。
ですから、週に一回はお酒を飲まずに肝臓を休める「休肝日」とい考え方が提唱されているのですね。

 

肝硬変などの病気を予防するためにも、食事には肝臓に良いものを多く取り入れて、栄養バランス良く食べたいものです。
例えば、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品、シジミ、牡蠣、ホタテなどの貝類、海藻類の昆布やワカメなどがあげられます。

 

肝臓の機能をアップしてくれる食材ですが、肝硬変になってしまうと、これらの食材を積極的に食べても、失った部分の機能は戻りません。
ですが、今、機能している部位を守るために肝臓に良い食事を取ることは必須なのです。
きのこ類も肝臓に良いので、簡単なレシピとして、ホイル焼きがお勧めです。

 

牡蠣やキノコ、豆腐などお好きな具財を包んで、軽くお酒をふり、塩こしょうで味付けをして、ホイルに包んで焼くだけです
グリルでも焼けますし、オーブントースターでも簡単に焼き上げることができます。
仕上げはお醤油をたらしていただきましょう。
レモンを振りかけても美味しいですし、ビタミンも同時に摂れますね。
油を使わないのでカロリーもセーブできるレシピです。

 

簡単に作ることができますし、とても美味しので、お酒も進んでしまいそうですのでそこは気をつけてくださいね。

スポンサーサイト



貴方の身体病んでいませんか?