風邪を予防する【うがい】

スポンサーサイト

「うがい」をする事で風邪の予防が出来ると言われていますよね。口の中に水を溜めて上を向いて「ガラガラ」
「あー」と言う様に声を出して水をぶくぶくさせ、ペッと水を吐きだすと言うのが一般的なうがいの仕方だと思います。
風邪はウィルスや細菌が体内に入り込んできて起こる症状ですが、その一般的な進入先は喉や鼻になります。

 

うがいでは喉から入り込んでくるウィルスに対して有効的な方法で、しっかりと排除する様にうがいをするのが風邪予防のポイントとなってくると思います。
普通の水でうがいをするのでもいいのですが、うがい専用のうがい薬と言うのが販売されていますので、それを使用するのもいいと思います。
使ううがい薬の種類によって、風邪の予防だけじゃなくてウィルス自体も退治してくれる物も有ると言います。

 

但し、こうしたうがい薬によるうがいについて、色んな見解が有るみたいで、
通常喉に無くてはならない菌等もうがい薬で除去されてしまう可能性もあるかもしれないと言う事で、
うがいには普通の水が一番良いのではないかと言う見方をしている人もいるみたいです。

 

また水でうがいをすると言ってもペットボトルに入った市販のミネラルウォーターよりは水道水の方が塩素がウィルスの殺菌効果が有ると言う事で良いと言われているみたいです。
この様に色んな風邪の予防方法が有ると思いますが、1日あたり3回位うがいをする様に、うがいをするタイミングは外から帰った後等に行うと良いみたいです。

スポンサーサイト


貴方の身体病んでいませんか?