風邪を予防する【にんにく】

スポンサーサイト

「にんにく」を食べると風邪予防に効果が有ると言われています。にんにくにはアリインと言う成分が入っているのですが、これが刺激を加える事でアリシンと言う成分になり、そのアリシンの殺菌効果が風邪のウィルスを退治してくれると言う風邪予防になります。

 

また風邪予防には免疫力をアップさせれば良いと言われていますが、その効果を発揮するのがにんにくに含まれているアホエンと言う成分になります。アホエンはにんにくを生で食べる時ではなくて加熱する事によって摂取出来る成分となっていて、免疫力をアップさせる効果の他に血液サラサラ効果、ガン抑制効果と言う様に健康促進に対する効果が期待出来ると言います。

 

にんにくは美味しいですよね。結構炒めたり煮たり、お肉の下味に使う事も多いですので取り入れやすい食材ではないかと思いますので、にんにくで風邪予防はしやすいのではないでしょうか。但しにんにくのアホエンと言う成分ですが、100度以上の熱を加えると成分が破壊されてしまうデメリットが有ります。

 

上手にアホエンをにんにくから取り出すには50〜80度が良いと言われていますが難しいのが現実だと思います。調理方法を工夫してアホエンを摂取出来る様にして頂ければ良いと思います。しかしそこまで面倒と言う場合には、にんにくにはアリシンが含まれていますのでそれでも充分に風邪予防が出来ると思います。

 

この様に風邪予防には色んな食材で効果が期待出来ると思いますが、にんにくもその1つだと言う事を覚えておきましょう。

スポンサーサイト


貴方の身体病んでいませんか?