風邪予防

スポンサーサイト

「手洗い」をする事で風邪の予防が出来ると言われています。これは風邪を引かせる元になるウィルスが手についていて、そのまま口に入るのを防ぐ為に行う風邪予防方法だと思います。

 

風邪を引かせるウィルスは色んな経路で私達の手に付いてきてしまいます。どこかのドアノブかもしれません、誰かが使ったタオルかもしれません、水道の蛇口かもしれません、リモコンかもしれません。色んな所に素手で触った時、そこにウィルスが付いていたらそのまま手に付いてしまいその手のまま何かを食べる時に口にウィルスが入り込んでしまう様になります。

 

そうなると風邪を引いてしまう様になってしまいます。また手にウィルスが付いたまま手を振るとウィルスが空気中に浮遊してしまう様になります。その空気中に浮遊しているウィルスを吸い込んでしまう事も有るのです。ウィルスは眼に見えない為に、いつ手に付いたかなんて分かりませんので特に怖いですよね。

 

こうした経路で風邪を引かない様に手に付いたウィルスを手洗いで洗い流してしまおうと言う予防方法になるのです。こまめに手を洗う様にする事、手を洗った後に蛇口に触れない様にハンカチを使って蛇口を閉める等、ウィルスが手になるべく付かない様に気を付ける事も大切になります。手洗いは身体の中にウィルスを入れない為に行う風邪予防方法になりますので、是非やる様に習慣付けてみてはいかがでしょうか。

 

やるのとやらないのとでは全然違うと思いますよ。

スポンサーサイト


貴方の身体病んでいませんか?